自分の資産を守るためにクレジットカード犯罪防止策や犯罪手口について

クレジットカード犯罪防止策とは一体どのようなものか

昨今ではスマホの普及に伴いネットショッピングに利用者も増えつつあり、それに比例してクレジットカードの利用率も増加傾向にあります。

しかしそれと同時にクレジットカードを不正利用しようとする犯罪も増加傾向にあり、中には勝手にカード情報や個人情報を抜かれて利用されたり、自分のクレジットカードを知らぬ間に利用されて多額の請求が来るケースもあるなど不正利用が後を経ちません。

そこで重要視されているのがクレジットカード犯罪防止策で、犯罪防止策をきちんと講じることで不正利用を防止し資産を守ることができます。

では一体どのような犯罪防止策や犯罪手口が存在しているのか解説していきたいと思います。

クレジットカード犯罪防止策で真っ先に対応したいのがスキミング防止

クレジットカードを不正利用するケースで最も多いのがスキミングと言われている手口です。

スキミングは昔からクレジットカードの不正利用の代表的な手口とされてきましたが、クレカ利用率の上昇に伴いスキミングによるクレカ犯罪がまたしても猛威を振るっており犯罪防止策を考える際には避けて通れないものとなっています。

スキミングの手口とはそもそもどういったものなのか解説していきたいと思います。

スキミングとはクレジットカードの情報を抜き取って、そのまま新しい偽造カードを作成し不正利用するというものです。

スキマーと呼ばれる専用の端末によってカード情報を抜き取るのですが、カード情報だけを抜き取られカード本体は盗まれていないため被害に気付きにくいという特徴を持っています。

スキミング被害に遭う場所は様々であり、クレジットカード対応店でカードリーダーに細工されているケースもある他、バッグの上からスキマーを当ててカード情報を抜く場合もあるなど防止はかなり難しいのです。

スキミングによる被害を防止する策としてはICカードタイプのクレジットカードに変更するという対策が有効です。

今までのクレジットカードのタイプは磁気ストライプに記憶する形状がほとんであり、その磁気ストライプに入った情報をスキマーにより狙われていました。

ICタイプのクレジットカードの場合には、カードに埋め込んだICチップに情報が記憶されるためスキミングすることが難しくなるのです。

ですのでICカードタイプのカードに変更することでスキミング被害を少なくすることが可能です。

最近増加しているクレジットカード犯罪の手口がフィッシング詐欺

スキミングの場合には実際にスキマーと呼ばれる端末を利用してカード情報を抜き取られるのですが、ネットショッピングの利用率が高まるにつれ増加してきたクレジットカード犯罪がフィッシング詐欺と呼ばれているものです。

フィッシング詐欺とはクレジットカード会社や金融機関を詐称して偽造のメールを送り付けたり、携帯会社などからの連絡と偽ってSMSのメッセンジャーやメールなどを使って偽のWEBサイトへと誘導し、カード情報を入力させて情報を抜きとろうとするものです。

昨今ではメールだけでなくネット上で巧妙なネット広告を出して誘導したり、SNSにおいて注意喚起という名でWEBサイトに誘導するケースなども増えており巧妙になっています。

このようなフィッシング詐欺からクレジットカードを守るためにはいくつか確認する必要があります。

まずクレジットカード会社や金融機関などのURLが正しいものなのかチェックする必要があります。

URLの一部分が小文字になっていたり巧妙に偽装されている場合があります。

さらにSSLという暗号化技術が使用されているかどうかも確認しておくといいでしょう。

SSLは暗号化技術でありWEBページの表示欄に鍵マークが付いているのが特徴で、個人情報やカード情報などを入力するページには必ず利用されています。

このSSLが利用されていないWEBサイトなどはフィッシング詐欺の可能性が高いということです。

レアなクレジットカード犯罪の手口も存在している

あまり聞き覚えがないクレジットカード犯罪としてワイヤータッピングと呼ばれるものがあります。

これはクレジットカードを利用する店とクレジットカード会社間で行われる本人情報の確認などを盗聴することでカード情報を抜き取る手口とされています。

このワイヤータッピングは日本国内ではカード対応店とカード会社のやり取りは全部暗号化されているので、それほど被害はなく主に海外での利用時に注意が必要です。

またクレジットマスターと呼ばれる手口も存在しています。

これは何とカード番号をランダムに作成していき実際に利用可能なカード番号を見つけ出すことによって不正利用するというものです。

こちらもあまり被害ケースも少ないのですが、万が一被害に遭われた場合にはカード会社によって補償されますので確認しておきましょう。

クレジットカード犯罪防止策まとめ

クレジットカードの犯罪防止策や犯罪手口について解説してきましたが、実際に被害に遭ってしまうまでは気づかないというケースが多いのが実情です。

携帯会社などの緊急連絡を装ってきて実際に引っ掛かるケースがあり、私自身もうっかりと入力しそうになったところで危うく難を逃れた経験もあります。

このようなクレジットカードの犯罪手口や防止策を頭に入れておくだけでも、自分の資産や個人情報を守ることへ繋がっていきますのでチェックしておくといいでしょう。