クレジットカードランクで利用ステータスが便利にアップグレードする

クレジットカードのランクってどういうこと?

クレジットカードを作る時に、まず普通に勧められるのはいわゆる一般カードですね。

デパートやスーパーの店頭で特設会場を作っての勧誘の場合、この一般カードでの入会がほとんどです。

でもカードの情報など調べていると、かなりカードにはランクがあることがわかりますね。
もちろんカード会社によってランクの多少の違いはあります。

ちょっと見には、一般、シルバー、ゴールド、プラチナ、ブラックなどに分かれているのが普通です。
これどういった違いがあるのでしょう。

クレジットカードの一般からブラックまでランクの違いって年会費だけ?

何よりも違うのが、無料会員であるか年会費を支払っているかという点です。
一部を除いた殆どのカードの場合、一般カードは年会費無料ですね。

ちょっと使うのには便利ですし、年会費もかからないので気軽に作ることができます。

以前はクレジットカードを作るというだけで、かなりの審査が必要でしたが、今ではこの一般会員ならそれほど高レベルの審査はなくなっています。

それに対するとこの上のランク、シルバー以上の場合はいささか趣が違ってきます。

シルバーの場合はそれほどでもありませんし、一般カードを何年か問題なく使用していれば、アップグレードしませんかなどという誘いも来ます。

しかしその上になると、単に年会費が払えるかどうかだけの問題ではなくなってきますので、審査は非常に厳しくなりますね。

プラチナ以上になると、その人のステータスを示すものになりますので、そういった意味でもカード会社の審査に通るのは、一握りの人ということになります。

簡単に言ってしまった場合クレジットカードのランクの違いって

面倒なく単に違いを言ってしまうと、まず年会費の違いがあります。
ランクが上に行くほど、年会費は上がっていきます。

カードの利用限度額も、ランクが上のカードに関してはどんどん上がっていきます。
つまり支払い能力の問題も、このカードランクに関わってくるのです。

今のクレジットカードの場合、単に支払いだけでなく特典も多いですね。

例えば海外旅行社保険などです。
この旅行者保険の内容も、ランクによって大きく違ってきます。

カードランクが上がるごとに他にもサービスが付帯されますので、使い勝手が良くなることは言うまでもありません。

特に海外に出ることの多い人等の場合、一般カードよりもせめてゴールドカードあたりを所持していると、便利に使用ができます。

また仕事の上でも、ステータスを相手に示せますので、有利に仕事を運ぶことも可能です。

クレジットカードのランクは一般でも問題ない?

特に仕事で多用するとか、海外に出ることが多いのでない限り、一般カードを持っていれば充分に用は足ります。

普段の買い物や、ちょっとした贅沢品の購入、家電製品の購入に利用するなら、一般カードの利用額の上限で事足ります。

会社によって違いはありますが、ショッピング枠最高で100万円というのが一般的です。

入会してすぐにこの金額ということはまずありませんが、最高でこのあたりまで使えます。
日常の利用なら充分ですね。

残念ながらこのランクのカードの場合、あまりステータスは高くないのが現状です。

クレジットカードの黎明期は、今よりも入会審査が厳しかったこともあり、一般カードでもかなりのステータスを誇っていました。

しかし現在では無収入でも場合によっては作ることができるので、ステータスに関することまでは期待しないでください。

最高ランクと言われるカードはどんなものか知っておきたい

会社によって呼び名は違うのですが、プラチナとかブラックと呼ばれるカードです。

一般カードの場合、カードを作れる年齢は18歳からになっていますが、ゴールド以上になると年齢制限もついてきます。

それだけ利用限度額も多く、一定収入があることが基準になってくるのですね。

ブラックカードになると最も入り口が狭くなり、ある世界的なカード会社の場合単に支払い能力だけでなく、現会員の紹介がないと入れないところもあります。

シルバーやゴールドなら2000円くらいから、高くても2万円台だった年会費も、ブラックやプラチナカードの場合5万円程度からになっています。

最高額を誇るカード会社だと、何と30万円台という年会費が見られますね。
ちなみにこの会社の場合、入会金も別途50万円台かかります。

それだけでも持っているだけで、ステータスを誇示できるカード、ということです。

クレジットカードのステータスはどの程度のものがどういった時に必須?

普段、買い物などでの利用なら、年会費もなく入会に審査もあまり厳しくない一般カードで充分です。

しかし仕事で使うとなると、話は別になってきますね。

普通の会社員の場合、入社してすぐに一般カードを作るのはもちろんですが、その後収入が安定してきて仕事も安定してきたら、最低でもシルバーに切り替えましょう。

滞りなく毎月の精算ができていれば、カードのランクアップを提示されることもあります。
そういった時に切り替えるのがオススメです。

仕事で利用する時に、一般カードよりもシルバー以上のほうが仕事先に与える印象は良くなります。

役職についたら、ゴールドにランクアップも考えたほうがいいですね。
所属する会社のランクも、ある程度示すことになりますので、ランクアップしたいところです。

ただ、一般での利用では、さすがにプラチナやブラックは持て余すことが多いです。
年会費を支払っても、その見返りが期待できないことも多々あります。

そのあたりも含めて、よく考えてカードのランクを決めてください。