クレジットカード審査は基準が非公開であっても傾向を掴めば怖くない!

クレジットカード審査とは何のために行われているものか

クレジットカード審査とは、クレジットカードが会員制を採用していてあくまでも会員に対してクレジットカードを貸し出ししていることから、会員として相応しい返済能力を持っているか確認するために行われるものです。

実際の収入の多少よりも過去の返済能力を重視する傾向にあり、今現在も十分な返済能力を持っていると確認できれば審査に通過します。

安定した返済能力が、対象のクレジットカードに対して適切かどうかを判定しているわけです。

クレジットカード審査はカードブランドのコンセプトに基づいている

クレジットカード審査は、一見すると各社似たようなものと思われがちですが、独自の審査基準により行われているのでどれ1つとして完全に一致している所はありません。

たとえ同じクレジットカード会社が発行するものであっても、クレジットカードごとに設計されたコンセプトに基づきクレジットカード審査は行われているわけです。

一般カードだけでなくゴールドカードやプラチナカードという区分けは、あくまでもクレジットカードのランクを表しているだけであって、会員資格に関する審査基準は別に定められています。

このため、一般カードでありながら他社ゴールドカードよりも審査基準が厳しいクレジットカードが存在するわけです。

では、クレジットカードの審査は、具体的にどのような手順を踏んで行われているのでしょうか。

主に3つのステップに分けて考えると分かりやすいです。

最初にクレジットカード審査はスコアリングにより足切りされる

クレジットカードへの申し込みが行われると、最初にスコアリング審査と呼ばれる各個人の属性情報を点数化したスコアにより足切りが行われます。

雇用形態・年収・居住形態・他社借入数・勤続年数・他社借入総額といった申込書に記載した複数の項目に割り振られた点数の合計値により、人の手を介する本審査へ進めて良いか決めるわけです。

全く同じ個人情報を申込書へ記載したとしても、クレジットカードごとに設定された点数配分は異なるので、足切り点数も含めて同じクレジットカード会社内であってもスコアリング審査の基準は変わります。

全ての申し込み者に対して人の手を介した手間が掛かる審査を行うことは、最初から会員として相応しく無い人に対して人件費をかけてまで行ってもクレジットカード会社の収益に繋がりません。

スコアリング審査は、クレジットカード審査を本格的に進めて良いのか決める最初の関門となるわけです。

在籍確認は次の段階のクレジットカード審査項目にある

スコアリング審査により一定の基準を満たした申込者について、審査部署へ順次申込者情報が伝わり本格的なクレジットカード審査に入ります。

本人に対して電話連絡を行い申し込み意思確認と勤務先への在籍確認電話が入ることを告げて、納得したら本格的な審査に入る仕組みです。

なぜなら、本人に申し込み意思確認が無ければ個人信用情報機関へ信用情報照会を行って、過去から現在までの他社を含めた金融取引履歴を確認できないからです。

WEB経由での申し込みが増えたために、本人になりすまして悪戯申し込みが行われる可能性を想定し、必ず申し込み意思確認が行われます。

既にスコアリング審査により一定の足切り基準はクリアしているので、審査部署による本審査では申込書に記載されている情報が、個人信用情報機関へ登録されている情報を一致するかどうか答え合わせを行うわけです。

他社借入状況について乖離が激しい場合には、本人が隠しているか借入状況を把握できていないため、スコアリング審査に通過しても本審査では落ちてしまいます。

最終審査確認は専門のクレジットカード審査担当者が行う

審査部署によるクレジットカード審査を一通り終えて、勤務先への在籍確認電話まで完了すると、最終審査確認部署へ回されます。

各クレジットカード会社には、最終審査確認を行う専門の審査担当責任者がいるので、審査を行う過程でミスが無いか最終確認を行うわけです。

全ての審査に通過した時点で、本人に対して審査通過連絡及びクレジットカード受け取り方法の案内が行われます。

多くはメールアドレスへの審査結果通知が一般的ですが、中には電話連絡による審査結果通知を希望する人もいるので、顧客への審査結果連絡が随時行われます。

最終審査部署まで進んだクレジットカード申込者については、見落としが無い限りはクレジットカード審査に通過するので、審査通過者情報はそのままクレジットカード発券部署へと引き継ぎされます。

以後の連絡はカスタマーデスクが担当することになるわけです。

クレジットカード審査は常に統一基準で行われているまとめ

クレジットカード審査は、カードブランドごとに設計された統一基準により行われているので、同じクレジットカード会社であってもクレジットカードごとに審査基準は変わります。

スコアリング審査の足切り基準点数を上下させるだけで審査難易度が変わるので、いかに最初のスコアリング審査が重要か分かります。

クレジットカードの公式サイトには、クレジットカードのコンセプトがある程度明記されているので、自分に合ったクレジットカードかどうか確認した上で申し込むクレジットカードを選ばなければなりません。