キャッシュレス化が進む支払いが進化する小銭不要のカンタン決済とは

そもそもキャッシュレスとは何?どんな決済が該当する?

キャッシュレスとは簡単に言えば現金を使わない決済方法です。

この決済は新しくできた物では無く、既存の決済方法で例えるなら

・クレジットカード決済
・口座振替
・電子マネー決済

上記の決済が現在で言う所のキャッシュレス決済に該当します。

それらに加えて、近年ではpaypayを始めとした決済用アプリも各企業からサービスが開始されています。

中には決済用アプリを使ってキャッシュレス決済した場合、ポイント還元等の特典を用意している企業やお店も存在しており、決済アプリのお得さをアピールしています。

その効果もあってか、現在だとキャッシュレス決済=決済用アプリを使った決済と言える程イメージが根強くなってきています。

おサイフケータイと決済アプリは別物?何処が違うのか?

先述でも触れた決済アプリはスマートフォンに専用アプリをダウンロードして使う決済方法です。

一見するとおサイフケータイと似たような物かと思うかもしれませんが、実際は似て非なる存在です。

従来のおサイフケータイだと機能として使えるのは一部の機種だけで、非対応だと別途に電子マネー用のカードを作るしかありませんでした。

一方で、決済アプリだと対応機種ならおサイフケータイじゃない機種でもアプリをダウンロードすれば使用可能になります。

利便性に関して言えば、アプリさえダウンロードすれば使える分一部の機種しか使えないおサイフケータイよりも高いです。

注意点として使用可能になると言っても、決済前にアプリを起動させて専用のバーコードもしくはQRコードを読み取れるようにしておく等の準備はしておかないといけません。

しかし、それさえ済めば現金を出さずにレジでスマホをかざせば完了です。

支払いもスムーズな上に、場合によっては特典も受けられます。

クレジットカードが無くてもキャッシュレス決済はできる?

キャッシュレス決済、特に決済アプリを使う場合は支払い用にクレジットカードを推奨としているのが多い為、クレジットカードが無ければ利用できない物と思うかもしれません。

決済アプリに関してはデビットカードやプリペイドカードと同じ要領で銀行口座やチャージで事前に入金して利用できる物もあります。

クレジットカードが無くても他の決済で対応している決済アプリは存在しているので、クレジットカードを持っていなくても安心です。

一方でクレジットカードを持っていないけど決済アプリにも拘っていない場合でもキャッシュレス決済は可能です。

その場合だと先述でも触れたのも含めた下記の方法で決済ができます。

・デビットカード及びプリペイドカード
・電子マネー
・口座振替

これらの方法ならクレジットカードや決済アプリを持っていなくてもキャッシュレス決済は可能です。

中にはedy等のようにポイントから電子マネーへ交換できるのもあるので現金をチャージしなくても済みます。

キャッシュレス決済はどのお店やサービスでも使えるのか?

キャッシュレスは新しい決済方法としてどの企業でも推していますが、全部の企業が今後対応するかと言われたら正直言って低いです。

その理由がこちらです。

■予算面で未導入

キャッシュレス決済はお客側からは便利な反面、企業側からは導入費用や手数料等で導入するメリットを見いだせない場合もあります。

特に安さを売りにしているスーパーやドラッグストア等では安さを維持する為にキャッシュレス決済を導入しない事をわざわざお店やHPに張り出して、今後も現金決済のみを宣言している所もある程です。

■使えるお店は違ってくる

一口にキャッシュレス対応と言ってもどのキャッシュレス決済に対応しているかは各企業で違います。

特に決済アプリや電子マネーになると顕著です。

例えば、Aのお店ではpaypayは使えても、Bのお店ではpaypayは使えないと言う事が普通に有り得ます。

使えるお店等はHPやアプリで確認はできますが、少なくとも日本全国で使える訳ではありません。

キャッシュレスを使った現金化は何がある?そもそもできる?

キャッシュレスを推奨していてもやはり現金が必要な場面は出てきます。

もしも、キャッシュレスを利用して現金調達を考えている場合、下記の方法を使った現金化で用意する事はできます。

但し、できると言っても「比較的」できる方です。

理想としてはある程度の現金は保険として持っておいた方が良いでしょう。

■クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠に空きがある場合、その空きを利用して現金を用意してもらいます。

用意と言っても業者指定の商品を購入して買取もしくはキャッシュバックの形で現金を用意してもらう事になるので、キャッシングではありません。

注意点として利用上での扱いはクレジットカードで買い物した事になるので使えるショッピング枠は減ります。

決済アプリ等に紐付けしているのを使うと使える金額も当然減ります。

■電子マネー現金化

こちらは主にAmazonギフト券やiTunesカード等特定のサービスで使える物に限り、買取してくれます。

一方で、edy等の何処でも使える電子マネーだと現金化してくれる業者自体が少ないです。

これらの電子マネーしか無い場合は現金化を諦める、現金化できそうな商品を購入して売って現金にするしか方法がありません。