キャッシュライン

キャッシュライン

金利の高さが気になる場合はキャッシュラインの現金化と比較してみるのもおすすめになります。

即日現金化も可能!クレジットカード現金化のキャッシュラインとは

キャッシュラインはクレジットカード現金化を行う会社です。クレジットカードのショッピング枠を利用し、クレジットカードで購入した商品を買い取ることで成立します。
換金性の高い商品をネット経由ですぐに現金化できるのが特徴で、お金はすぐに指定口座に振り込まれます。

買い物時に分割購入やリボ払いを設定できるのもポイントです。ボーナス払いに関しては金利がかからないクレジットカード業者も存在するため、自分で購入する時に支払い方法を自由に選択できます。
もちろん一括払いを選択することも可能で、買い物時に付与されるポイントなども貰えるのが魅力です。

LINEでの相談を受けて受け付けている事や、金銭の貸し借りが発生しないことから安全性の評価が高いサービスになっています。

キャッシュラインのどこがおすすめ?クレジットカード現金化業者との比較のポイント

はじめてクレジットカード現金化させる場合は、信頼できてかつ使いやすい業者がいいと思いませんか?
キャッシュラインは使いやすさが評価されているクレジットカード現金化業者です。

インターネットがつながっていれば全国どこでも利用可能で、専用フォームだけでなくLINEで相談できるため相談のハードルが低く設定されています。
電話で問い合わせる事に抵抗がある人も多いため、問い合わせ方法が多いのはうれしいサービスになっています。

また、リピーター率は94.4%と非常に高く、業界でもトップレベルの水準になっています。

ネット経由でどこでも取引!全国どこでもキャッシュラインが利用可能

クレジットカード現金化を行う場合はどこで利用できるかどうかが大切になってきます。対面式で取引ができる店舗型の業者もありますが、地域によっては店舗数が少なく、実際に換金に必要な品物を持ち込まなければならないなどの手間があります。

キャッシュラインはインターネットでショッピングを行い、その商品を買取するシステムを採用しています。換金率が高いだけでなくインターネットで手続きが完結するのがポイントになります。
お金は即日振込みが基本で、土日も24時間対応しています。

住む場所を問わずに利用できるのが魅力になっています。

ショッピング枠の限度まで利用可能!リピーターが多いキャッシュライン

キャッシュラインの利用に限度額は存在せず、クレジットカードの限度額がそのまま限度になります。キャッシング枠ではなくショッピング枠が限度になるため、余ったカード枠を一杯まで使う頃ができます。

ショッピング枠を利用するメリットはキャッシングよりも金利が安いことです。クレジットカード現金化はショッピング枠を利用する仕組みのため、利用した分はクレジットカード会社に返済する必要があります。
一括の支払いであれば金利自体がかからないことも多いため、うまく返済計画を立てればキャッシングよりも利息や手数料を節約できます。

返済が長期間に及びそうな場合はクレジットカード現金化の方が手数料などを差し引いても得なケースも出てきます。

現金化は数分で完了する事も!スピーディーな対応も魅力になっている

クレジットカード現金化する場合に気になるのが、どの程度のお金を受け取れるかと振込みまでにかかる時間です。
キャッシュラインは原則ネットからの申し込みを行いますが、手続き自体は最短で数分で完了します。専用フォームから申し込み、スタッフからの連絡を待って手続きを行います。
スタッフからは現金化の手順や金額、振込みにかかる時間などの注意事項の説明があるため、不安がある場合は確認することもできます。

振り込みも完了後5分程度から非常にスピーディーです。ネットショッピングを利用するため、使い慣れた人はスムーズに手順を進めることができます。
LINEで利用方法について問い合わせる事もできます。

申し込み完了から数分でお金が振り込まれる事があるだけなく、即日入金されるスピード感も魅力です。ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行は24時間の入金に対応しているため、休日や夜の申し込みでもすぐにお金を引き出す事ができます。

キャッシュラインはキャンペーンお得!さらに換金率UPを狙える

キャッシュラインは初回換金時に換金率をUPするなど様々なキャンペーンを随時行っています。どの程度の特典が付くかはタイミングによって異なりますが、高い時は5%アップなどかなりのボーナスを受け取る事ができます。
ボーナスが付くと業界トップクラスの水準になる事もあるため、実際に比較してみるとその良さが良くわかります。

抽選でキャッシュバックが行われるキャンペーンなども多いため、条件を満たせば全員利用できるサービスがあるのは大きな魅力です。

自分でギフトカードの現金化を行うよりも金額が高くなる事や、買取までの手間を省略できる事も比較のポイントです。
キャッシングやカードローンを利用した新規借入は審査が必要になる事が一般的なため、時間や手間の節約にもつながります。
借りようと思っても審査が通らなければお金が借りられないため、より確実な方法としてクレジットカード現金化を選ぶ人も多いのです。

クレジットカードに悪影響はないの?買い物をするだけなのがポイントに

クレジットカード現金化を行うとクレジットカードに悪影響がないか不安になる人もいるはずです。
重要なのはインターネットショッピングは自分で行う事と、キャッシュラインは買取を行うという2点になります。
クレジットカードのショッピングで買い物をした履歴は残りますが、買い物した物をどうしたかは本人たち以外わかりません。
クレジットカード会社は買い物をしたという記録しか確認できない事になります。

クレジットカード所有者本人に買い物をしてもらうため、キャッシュライン側に余計な個人情報がわたる事もなくなります。
クレジットカードに関する情報をやりとりするわけではないため、不正に利用される事もないのです。

短期間にクレジットカードの作成や、消費者金融に新規借入を申し込むと信用状にマイナスの情報が残るケースがあります。
クレジットカードにはショッピング履歴の情報しか残らないため、悪影響はほとんど無いのです。
ただし、カード上限額の管理にはしっかりと気を配る必要があります。

キャッシュラインの実際の換金率はどれくらい?業界最高水準を実現

便利なサービスが多いとなると、換金率が低くなるのではないかと不安になる人もいるかもしれません。
キャッシュラインは換金率最高98.8%になっています。これは業界最高値です。換金率は金額によって変化しますが、新規申し込みのキャンペーンなどを利用すればさらに底上げする事ができます。

最低申し込み金額は1万円からで、100万円以上の申し込みを行えば98.8%の換金率で利用できる事になります。法人向けのプランも存在し、うまく活用して資金難を乗り越える企業も存在するのです。