小切手は使用期限に注意が必要!現金化は可能な限り素早く

小切手は使用期限に注意が必要!

小切手は企業などが支払いを担保し、銀行などで換金できる仕組みになっています。自分が受け取る側の場合は早めに現金にかえるか、口座への振込みを依頼する必要があります。

小切手は使用期限に注意が必要!

小切手には支払期限があるため、早めに現金化しないと無効になってしまう恐れがあるのです。

小切手は便利でもデメリットが存在する

小切手は非常に便利で、発行のための基礎を知っておけば手早く発行することができます。相手の銀行口座の情報などがわからなくても発行が可能だからです。もちろん発行ためには事前の手続きなどが必要で、小切手の種類によっても換金できる場所などに制限があります。

一方で、受け取る側も発行する側にもデメリットが存在します。受け取る側は早めに換金しないと小切手の効果がなくなってしまうことがあります。支払期限前に換金や口座への振込み手続きを行う必要があります。発行側が換金できない小切手を発行してしまうと信用問題に発展します。記載漏れが内容にしっかりと記入する必要があるのです。

小切手によってどのような手続きが必要になるか違いがある

小切手の扱いは分類や銀行などの金融機関によって違いがあります。小切手を窓口にもっていくことですぐに現金として受け取れる場合や、指定の口座に振り込まれる場合などそれぞれに違いがあるからです。小切手の内容を確認し、利便性などを確認した上で支払いを受けることも大切です。

小切手を発行する側にも配慮が必要です。相手に事前情報を渡しておかないとトラブルになることもあるからです。どの程度取引になれているかでも違いはあるものの、新規の取引である場合は念を押す姿勢が大切になります。

小切手の認識に違いがあるとトラブルになることもある

便利な小切手ですが、認識の違いでトラブルになることもあります。例えば先日付小切手です。未来日を指定して発行することで、現金化の期限を延ばすことが可能になっています。一方日付には法的根拠がないため、先に換金されてしまった場合は支払い義務を負うことになるのです。

また、先日付小切手を貰っても、支払い元が倒産すれば換金ができなくなる場合があります。不渡りが出やすいことでも知られているため、リスクのコントロールが重要になるのです。早めに換金した場合は換金したことがわかるのもポイントで、扱いが難しいのが特徴になります。

小切手を現金化するビジネスも存在する

小切手は支払いの担保になるため、小切手自体を取引し、現金化するビジネスも存在します。金融機関が開いていない期間に急にお金が必要になった際や、小切手を発行する人がいち早く現金を手に入れたい場合に利用されます。業者に買取を依頼することで、手数料を差し引いた金額が現金化される仕組みになります。

期限が迫っていて自分で銀行に行く時間がない場合などにも活用できます。ただし、期限がギリギリであればディスカウント価格になってしまう恐れもあります。ただし、全く収入がなくなるよりはマシなため、選択肢として入れておくと資金管理が楽になるのです。