ショッピング枠現金化は業者の選び方次第では便利な金策方法になる

ショッピング枠現金化は、クレジットカードさえあれば誰でも利用できて便利ですよね。

しかし、悲しい事に現金化業者の中には悪徳業者も紛れているのも事実です。

様々なトラブルを引き起こす悪徳業者、こんなところ絶対に利用したくないですよね。

安全にショッピング枠現金化をする為に、こんな業者は危険!という業者の選び方を紹介します。

ホームページには必要な情報がしっかり載っているか

ネット上で、大手と呼ばれる会社のホームページを開いてみてください。

その会社概要には、会社の所在地や代表者の名前、連絡先の番号が載っていませんか?

このように健全な会社の場合、ホームページの会社概要に必ず必要な情報を載せているんです。

つまり、健全な会社の条件である会社概要、これが充実してない現金化業者は信用してはダメなんですね。

また、悪徳業者の中には、会社概要に嘘を書く業者もいます。

だから、会社概要が正しい情報なのかも調べるのが大事。

掲載された電話番号に電話してみたり、本当にその所在地に会社があるのかネットで調べるなりして、確認しましょう。

会社概要が充実してる、その内容に嘘がない業者なら、信頼しても大丈夫です。

利用者の個人情報やカード情報を聞き出そうとしてくる

ショッピング枠現金化は業者を介して商品の売買をするとはいえ、利用者がお金を返済するのはカード会社にですよね。

つまり、金融機関の借入のように、働いてる会社や収入などは教える必要はないんです。

それなのに、盛んに個人情報を聞いてくる業者は、明らかに怪しいですよね。

利用者から個人情報を入手して裏で売ってる、そんな悪徳業者の可能性大です。

また、クレジットカードの情報を聞き出そうとする業者も危険。

ショッピング枠現金化はクレジットカードが必要ではありますが、決済するのはあくまでも利用者自身。

現金化業者がカード決済する事はないんですね。

それなのに、クレジットカードの情報を聞き出そうとするのは、カードの不正利用を狙ってる悪徳業者です。

明らかに必要がない個人情報まで求めてくる業者は、利用するのをやめた方がいいですね。

手数料がどれくらい掛かるかホームページに詳細が載っていない

現金化業者を利用する時、手数料が掛かるのは避けられません。

振り込み手数料や商品の送料等、かならず必要になるんです。

それなのに、そんな手数料の情報をホームページにしっかり載せてない業者は要注意です。

例えば、利用額1万円で90%の高換金率の業者を利用したとします。

しかし、実際に入金されたのは6,000円、ホームページに書かれてない手数料3,000円が引かれた結果、実質換金率は60%になってしまったんです。

このように、高換金率で利用者の注意を引いた後、ホームページに書かれてない手数料を引いた金額を入金するのは、悪徳業者がよく行う詐欺行為なんです。

だから、ホームページに手数料が書かれているかは、とても大事なんですね。

電話でオペレーターに手数料の詳細を聞いて、言葉を濁すなら疑った方がいいですね。

ショッピング枠現金化の大半は優良業者です。

そして数少ない悪徳業者も、上記の特徴にさえ気を付けていれば、簡単に利用を避ける事が出来ます。

しっかりと業者選びをして、安心安全にショッピング枠現金化を行ってくださいね。