ショッピング枠現金化では海外の現金化はお金を銀行から引き出すのが大変

ショッピング枠の現金化は、日本独自のサービスと思っていませんか?

実は海外でも、ショッピング枠現金化は普通に行われているんです。

むしろ、クレジットカードが普及しきっている海外でこそ、ショッピング枠現金化は人気のサービスなんですよ。

海外ではショッピング枠現金化が合法なところもある

日本でのショッピング枠現金化は、違法ではないけど公に認められはしない、いわゆるグレーですよね。

これはお隣の韓国でも変わりありません。

しかし、アメリカやオーストラリアなどのキャッシュレスが普及してる国の場合、ショッピング枠現金化は違法どころか合法として、国に認められてるんです。

なぜ、海外では合法なのかというと、それは捉え方の違いが大きいです。

日本ではショッピング枠の現金化は、実質的な借金や借入だと見られていますよね。

だから、返済能力があるか調べなくても利用できてしまうショッピング枠現金化は、グレーと捉えられてしまうんです。

しかし、海外では、ショッピング枠現金化で得られるものは、あくまでも現金。

借金や借入とは捉えられてないので、合法として認められてるんですね。

やってる事は同じショッピング枠の現金化でも、海外と日本では捉え方が全然違うのは面白いですよね。

海外にいても日本のショッピング枠現金化業者を利用できるの?

海外旅行中や出張など、海外にいる時に日本の現金化業者を利用したい時もありますよね。

それでは、実際に海外から日本の現金化業者は利用できるのかというと、不可能ではありません。

ただし、電話で連絡が出来る状態じゃないと利用は無理です。

何故なら、来店不要の無店舗型の現金化業者の場合、必ず業者と電話でやり取りをしなくてはいけないからです。

その為、国際電話を使って現金化業者に連絡したり、Wi-Fiを上手く活用する必要があるんですね。

勿論、連絡が取れない状態だと、現金化業者を利用する事は出来ません。

ただ、2回目以降の利用だとメールのやり取りだけで利用OKの業者ばかりなので、日本にいる間に一度現金化業者を利用しておくといいかもしれませんね。

海外から利用する場合はお金の引き出しが一番の問題

ただ、海外から日本の現金化業者を利用する場合、お金の引き出しという問題が発生します。

日本の業者ですから、当然、入金するのは日本の銀行口座になりますよね。

その入金された現金はATMで引き出さないといけないんですが、日本の銀行と提携してるATMじゃないと引き出せません。

また、運よく銀行口座から現金が引き出せたとしても、今度はそのお金を現地の通貨に換える作業をしなくちゃいけません。

なぜなら、現金化業者は日本円で入金するので、そのままだと現地で通貨としては利用できないからです。

つまり、海外にいながら日本の口座から現金を引き出し、その現金を現地の通貨に交換するという手間をかけなくちゃ、現金を手に入れる事が出来ないんですね。

何も対策をせずに海外からの利用はまず出来ないので、事前の準備が大事なんです。

気になるショッピング枠現金化の海外事情、その疑問は解消できましたか?

海外では合法で行われているショッピング枠現金化ですが、海外から日本の現金化業者を利用したいなら、事前の準備が必須です。

日本にいる時と同じように手軽に現金化業者が利用できるなんて事はないので、その事は忘れないでくださいね。