ショッピング枠現金化と法律について違法ではないから警察に摘発されない

ショッピング枠現金化は金融機関の審査に受からない人、今すぐお金を用意する必要がある人にとって、あまりに便利すぎる金策ですよね。

しかし、一方ではグレーな方法といわれたり、現金化業者が逮捕された事もあったりして、法律上どうなの?と心配する事が多いのも事実です。

実際にショッピング枠現金化を行った後、違法行為として捕まったら嫌ですよね。

ショッピング枠現金化と法律について、違法行為なのか、実際にどのような関わりがあるのでしょうか?

ショッピング枠現金化は違法行為じゃないので安心!

結論から言いますと、ショッピング枠現金化は違法行為なんかじゃありません。

ショッピング枠現金化に関わりがあると言われてるのは、貸金業法や出資法、景品表示法ですよね。

この法律とショッピング枠現金化を実際に当てはめてみましょう。

貸金業法と出資法

このどちらも、お金の融資や貸金業を営む業者に接触する法律。

しかし、ショッピング枠現金化はやってる事は商品の売買でお金の融資ではない、だから現金化業者は貸金業にはなりません。

つまり、貸金業法も出資法も、そもそもショッピング枠現金化には無関係の法律になります。

景品表示法

キャッシュバック方式の現金化の場合に関わりがある景品表示法。

しかし、キャッシュバックによる現金化は景品表示法のもれなく型に該当し、キャッシュバックの金額がいくらだろうが法律違反ではありません。

このように、関係する法律を全て当てはめてみても、ショッピング枠現金化は違法じゃないとなるんです。

だから、ショッピング枠現金化を行っても安心なんですね。

逮捕された現金化業者がいるのになぜ違法じゃない?

実際に逮捕された業者がいるのに、なぜショッピング枠現金化は違法じゃないと言えるの?

そう疑問に思う人もいるんじゃないでしょうか。

なぜ現金化業者は逮捕されたのか、それは単純に正規のやり方をやってなかったから逮捕されたんです。

利用者が商品を購入し業者はその商品を送る、そして購入したキャッシュバックとして、もしくは業者が商品を買い取って利用者の口座へ入金。

これがショッピング枠現金化の正規のやり方です。

しかし、逮捕された業者は商品を送らずに入金したり、価値のない商品を送ったりして、正規のやり方をしていませんでした。

だから、商品の売買じゃなく実質的な融資になる=貸金業法と出資法に接触するとして逮捕されたんですね。

つまり、正規のやり方でショッピング枠現金化していれば、違法になる事はないんです。

ショッピング枠現金化が違法行為と見られがちなのは何故?

ショッピング枠現金化が法律に接触してないのはわかったかと思います。

しかし、それでもグレーなイメージが根強いですよね。

なぜ、ショッピング枠現金化にはそんなイメージがあるのか、それはカード会社の規約に違反してるからです。

カード会社では現金化目的でのクレジットカードの使用を禁止しています。

もし、カード会社にショッピング枠現金化がバレてしまうと、カードの利用停止や最悪の場合は会員資格の剥奪がされてしまう事も。

つまり、法律的には違法じゃないけど、カード会社的にはNGな行為、だからショッピング枠現金化はグレーなイメージに見られてしまうんですね。

けして、違法だからというわけじゃないんです。

ショッピング枠現金化と法律について、知りたいことはわかりましたか?

誰もが知りたかった違法行為かどうかについてですが、安心してください、ショッピング枠現金化は違法行為ではありません。

ただし、カード会社の規約に違反するのは事実なので、ショッピング枠を現金化する時はカード会社にバレないように配慮して行いたいですね。