スキミング被害のスキマー盗み取り危険性と最小に抑える注意喚起とは

皆さんはクレジットカードを保有していますでしょうか?

現在の社会人は1人1枚以上はクレジットカードを保有していると思います。
クレジットカードは現金を待ち合わせていない時の支払いや、キャッシュレスでの買い物にとても便利なものと言えるでしょう。

しかしながら最近では「スキミング」と言うカード犯罪が多くなってきており、多くの方が被害を受けています。

そこで今回はなぜそのようなスキミングが起きてしまうのかと言うことを、またスキミングに合わないためにはどのようなことを気をつければいいのかと言うことについてお話をしていきたいと思いますので、参考にしてみてください。

スキミングの被害とは一体どのようなもの?

具体的にスキミングがどのようなものなのかと言うことについてですが、 カード犯罪で多く使われる手口の一つであり、磁気のストライプカードに書き込まれているクレジットカードの情報を抜き出し、全く同じ情報を有しているクローンカードを複製すると言うクレジットカードを悪用する犯罪です。

この犯罪行為の手法としては、そのスキミングを行ったクレジットカードの磁気に記録されているクレジットカードの会員番号や口座番号などのデータをカードの情報を読み取ることができる機能を持ったスキマーと言う特殊な装置により盗み取り、そのクレジットカードのデータを悪用してショッピング枠や利用残高を悪用すると言う手法となります。

クレジットカードの利用頻度の多さや利用者数の増加、また多くのクレジットカードの取り扱いの会社や業者が存在していることからこのような被害が増えていると言えるのです。

果たしてこのような被害に合わないためにはどのようなことを気をつけると良いのでしょう。

信用ができない場所でのクレジットカードの使用を行わない

先ほども申し上げました通り、現在では様々な場所でクレジットカードを使用することができます。

そのクレジットカードの使用する場所によってクレジットカードのスキミングが行われてしまう可能性が現れてしまうのです。

ですからクレジットカードを使用する際は、クレジットカードのスキミングが行われてしまいそうな場所でのクレジットカードの使用を控えたり、クレジットカードはサインではなく暗証番号を用いるなど支払いを行う際には使用方法を変えてみると言うことも1つの手であると言えるでしょう。

基本的には現金で支払えるような場所では現金で支払ったり、クレジットカードの支払い方法が他のお店や会社と違う場合、また少しでもクレジットカードの取り扱いに不満や不安を感じるようであれば、直接聞いてみたり問い合わせをするということが良いと言えます。

クレジットカードを使用する際には信用ができない場所での使用を行うことを注意する必要があると言えるのです。

常に自分の利用履歴を確認しておく

仮にクレジットカードのスキミングが行われてそのクレジットカードの情報が悪用された場合には、クレジットカードの利用履歴が記載されることがほとんどです。

ですから早めにクレジットカードを使用されたことに対しての対策を練ることができたり、クレジットカード会社に問い合わせてカードの利用を止めることができるので、頻繁に自分のクレジットカードの利用履歴を見ておくことが大事であると言えるでしょう。

現在ではクレジットカードの利用履歴を閲覧することはとても容易となってきており、主に利用しているクレジットカード会社のサイトやアプリなどを用いて利用履歴を閲覧することができるのです。

ですから自分の携帯やスマートフォンなどから利用しているクレジットカード会社のアプリやサイトを閲覧できるようにし、常日頃からクレジットカードの利用履歴を確認したり、クレジットカードのショッピング枠がいくら残っているのかと言うことを、また自分の身に覚えのない支払いなどをチェックしておくことが大事であると言えるでしょう。

あらかじめ利用金額の制限をかけておく

もし仮にあなたのクレジットカードがスキミングされてしまった場合には、クレジットカードの利用限度ギリギリまでクレジットカード枠を使用されてしまったり、金品などに交換されてしまうようなことも考えられてしまいます。

もしあなたがクレジットカードのショッピング枠ギリギリまで利用しないと言う場合には、あらかじめクレジットカードの使用金額を低めに設定しておくことがスキミングを行われた際の被害を最小に抑えることができる方法であると言えるのです。

先ほども申し上げました通り、利用しているクレジットカード会社のサイトやアプリなどから簡単に利用金額の制限をかけることができますので、クレジットカードを作成してすぐに、またスキミング被害にあいたくないと思い立ったときに利用金額の制限をかけておくと良いでしょう。

スキミングはどのタイミングで行われてしまうかわかりませんので、早め早めの対策が必要です。

スキミングによる現金化の被害を事前に防ぐ!

年々クレジットカードの使用者が多くなってきていることに比例をして、クレジットカードのセキュリティーやプライバシーの保護などは年々評価されていると言えますが、それでもスキミングを行う人や業者はいます。

またそのようなクレジットカードのスキミングによって、病院にクレジットカードのショッピング枠の現金化を行いてしまいますので、スキミングの被害は大きくなってしまったり、スキミングに気づかずに泣き寝入りをしてしまうような方もいらっしゃいますので、スキミングの被害に合わないようなら事前の対策を行ったり、そのような被害に合うような機会があったとしてもその被害額を抑えたり、少しでも事前に声でおくと言うことが大事であると言えるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠を利用し現金化を簡単に行えてしまうと言うことを念頭に置き、クレジットカードの使用を行うことに関して慎重になっていきましょう。

またスキミングの被害によって、自分のクレジットカードのショッピング枠が現金化されてしまったと言うことがわかった場合には、早急にクレジットカード会社や警察などへの相談を行うようにすることが大事です。